ナンバーが青い車を売却する時に求められる書類

ナンバーが青い車を売却する時に求められる書類

車買取の手続きでは、ほぼ確実に書面が求められます。印鑑証明書や車検証などはもちろん、リサイクル券などもしばしば求められますね。
ところで特定の車種の場合は、やや特殊な書面が必要になってくる事があります。その1つが事業用自動車等連絡書です。

 

事業用自動車等連絡書のフォーマット

 

その書面のフォーマットがどのようになっているかと言うと、まず一番上の欄に車の目的を選ぶ欄があります。果たしてタクシーの為に車を用いているのか、それとも何か物を運搬する目的があって車を用いているのか、またはレンタカーとして用いているのか等を選ぶことになります。

 

それと会社の情報ですね。社名や使用車や住所など、様々な情報をその書類に書き込んで行く事になります。また自動車の登録番号なども、その書面に記載しなければなりません。ただ車を抹消登録しようとするのか、それとも今後使おうと考えているのか等により記入する欄も異なってくるのですが。

 

それと車の乗車人数なども記入する事になりますし、年式などの情報も必要です。

 

青いナンバーの場合は連絡書が必要

 

ではどのような時にその書面が必要になるかというと、ナンバーの色次第ですね。

 

街で走っている車を見ると、たまにナンバープレートが青色になっている事があります。そのような車は、いわゆる商業用と見なされている事が多いですね。もしくはタクシーなどでも、ナンバープレートが青色になっています。一般的な車の場合はたいていナンバープレートは白色ですが、事業用の車の場合は青色になっている訳ですね。

 

参照先
ミラ下取り

 

その青ナンバーの車を売却するとなると、上記のような事業用自動車等連絡書が必要になります。法人の場合は、車買取で求められる書類がやや複雑な一面があると思いますね。